うつ病を治療するためにはストレス緩和が肝心

心を元気にする方法

休養が必要な時期

医者

うつ病を発症した場合は、これからの治療方法について把握しておきましょう。最近は一人一人にマッチした治療方法が確立しているため、以前よりも気軽に治療に専念できるようになっています。どのような治療方法があり、どういった流れで進めていくのかを知っておくことで、スムーズに治療方法を決められます。

まず、うつ病治療にとって最も大事なことがあります。それは、休養です。ただ一日学校や仕事を休むわけではありません。まとまった休みをとります。基本的には1ヶ月ですが、様子を見て延長することも可能です。
うつ病になると精神と身体の両面に疲れが溜まっているので、休養をとり疲れをとらなければならないのです。疲れをとらなければ抗うつ剤や心理的治療などを行なったとしても十分な結果を得られないため、回復が遅くなります。そうすると余計に焦りからか余計にストレスが溜まってしまうという悪循環に陥ってしまうのです。そのようなことにならないためにも休養や十分にとってください。
真面目な人は学校や仕事を休んだとしても一日、そのことばかりを気にかけてしまうことがあります。休んだことで迷惑になっていないかと自分を追い込んでしまう場合もあるため、そのときは入院をして休養をとるのも一つの手段でしょう。病院なら治療に集中できる環境が整っていますから、余計なことを考えなくて済むかもしれません。しかし、入院は費用が発生するので医師と相談した上で入院が必要か決めてください。しばらくの間は自宅で休養し、それでも改善が見られなかった場合は入院に切り替えるなどの対応がベストでしょう。

過ごす環境がうつ病治療の中で非常に重要です。余計なことを考えてしまう環境だとやはりストレスは溜まりやすいです。また、部屋が暗いのもよくありません。そこで、リラックスできる環境を自分なりに作ってみましょう。ほとんどの方が自室で過ごすことが多いはずですから、自室のカーテンを開けて日光を浴びるようにしてください。うつ病のときはどうしても気持ちが塞ぎがちですが、日光を浴びれば自然と心がすっきりします。また、お昼に散歩をするのも良いでしょう。日光を浴びることができるかつ外の新鮮な空気を吸えるためリフレッシュになります。

女性

抗うつ剤の役割

うつ病の原因となる脳内環境の崩れを治すために、クリニックで抗うつ剤が処方されます。治療期間中は医師の指示通り服用を進めなければなりません。副作用があるので、注意しながら服用しましょう。

婦人

社会復帰に向けて取り組む

心理的治療もうつ病治療には必要です。医師やカウンセラーと対話訓練をすることで、心の奥に抱え込んでいた悩みを打ち明けられるでしょう。徐々に社会復帰への道が見えてくるはずです。

看護師

期間や費用の目安はない

うつ病の治療期間や期間は人によって差があるので、目安は不明確な状態です。少しでも費用の負担を軽減したい場合は、自立支援医療制度を利用するのも一つの方法です。経済的に楽になるでしょう。

ドクター

理解をしなければいけない

日本はうつ病の知識や理解が足りていないので、自分がうつ病と打ち明けられる環境が整っていません。専門医院へ行けず十分な治療が受けられないがために、症状を悪化させてしまうこともあります。理解力を深めれば問題を解決できます。

悩むウーマン

認知症と間違えられる

高齢者のうつ病は認知症と勘違いされるケースが多く、治療が遅れてしまうことがあります。そのようなことにならないためにも、医療機関で検査を受けてもらい医師に正確な判断をしてもらいましょう。