社会復帰に向けて取り組む|うつ病を治療するためにはストレス緩和が肝心

うつ病を治療するためにはストレス緩和が肝心

女性

社会復帰に向けて取り組む

婦人

抗うつ剤の服用以外にも、心理的治療もあります。抗うつ剤の服用をあまりしたくないという場合は、こちらの治療法が取り入れられるでしょう。うつ病になるとなにに対しても否定的な考え方になってしまいます。とくに新しい環境に対応できず、今の環境より前の環境の方が良いとマイナス思考になってしまうのです。ですから、カウンセラーや医師などの専門スタッフと対話や訓練をして、うつ病患者の否定的な考え方やネガティブな心を変えていくのです。
心理的治療を行なうときは抱えている問題を紙に書きます。どのような状況で問題が起こったのか、なぜ否定的な考え方をしてしまうのかなどの情報を紙に書きだすことで、客観的に物事を捉えられます。心理的治療を繰り返すことで誰にも話せなかったことを、カウンセラーや医師が気づいてくれて気持ちを表現できるようになるでしょう。心理的治療は一対一もしくは、カウンセラー一人に対して複数の患者を集めて行ないます。支援団体で行なう場合は、患者同士が対話をするカウンセリングも行なっています。

うつ病の症状がなくなり復学や復職が認められると、社会復帰のためのリハビリが始まります。必ず回復した状態でなければ再発リスクが高まりますから、どうするかは慎重に決めなければなりません。また、実際に復学や復職をする際は、負担がないようにします。出席や出勤のペースを半日だけにするなどして、少しずつ調子を取り戻していくのです。久しぶりだと焦ってしまったり緊張してしまったりするためどうしてもストレスを抱え込みやすいですが、再発してしまってはまた一から治療を行なわなければならないので、落ち着いた状態で授業や業務をこなしてください。

心に余裕が出てくると社会復帰できるまでに回復します。心理的治療を受ける前に社会復帰を目標にするとプラスに頑張れるようになるでしょう。社会復帰できると以前のように毎日が充実しますし、旅行へ行き思い出も作れるようになります。しかし、無理をせずゆっくりとうつ病治療に励むことが重要です。