理解をしなければいけない|うつ病を治療するためにはストレス緩和が肝心

うつ病を治療するためにはストレス緩和が肝心

女性

理解をしなければいけない

ドクター

うつ病は、風邪と同じように誰しもがかかる可能性がある病気の1つです。20歳以上の日本人の13人中1人はうつ病を経験するとされています。ただ、気づいていないだけで自分も含め家族や親せき、友人や職場の同僚など色んな人がうつ病で苦しむ可能性があるのです。ですから、他人事とは思わない方が賢明です。もしかすると自分もかかる可能性があると思い事前に情報を理解しておけば、早期に対処できるでしょう。
日本はうつ病になったとしても専門医院に診てもらう人が少ないとされています。それは、症状をちゃんと理解していないからです。ただの身体の不調と思い込んでしまい放置することがほとんどなのです。いつも通りに仕事や家事をこなせる人もいるので、受診が遅れてしまい早期に治療できなかったということもよくあります。また、他にはうつ病と認知しているにも関わらず受診しない人もいます。それは周囲に知られたくないからという理由からきています。もしも、知られてしまったら偏見の目で見られると思ってしまうからです。日本は欧米と違いうつ病に対しての理解がまだまだ不足しているので、苦しんでいる人がたくさんいます。その影響があってか自殺を図ってしまう人もいるくらいです。いかにうつ病について理解することが大切かということが分かるでしょう。正しい情報を知っていればこういった問題は減るはずです。

早期に受診して治療を行なうためには、いち早く心と身体のサインに気づくことがポイントです。うつ病になるとまず今まで好きだったことが楽しく感じなくなり、食欲不振になるなどの心のサインや睡眠障害や頭痛、体重減少などの身体のサインも現れます。このような症状は誰しもが一度は現れたことがあるかもしれませんが、うつ病の場合だと2週間以上も続きます。思い当たる節がある場合は、専門医院へ行き診察を受けてみてください。早期に対応してもらえれば比較的治療も楽な方法で行なえるでしょう。
知識があれば自分も周りの人も苦しまずに治療を受けられるはずです。また、うつ病患者へのサポート方法も知っていればいざというときに役立つかもしれません。